令和3年11月25日

広報トピックス

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策に関する広報活動について

 銀行は、犯罪者やテロリスト等が一般のお客さまに紛れて取引を行うことを防止するため、金融庁のガイドライン等にもとづき、定期的に、お客さま情報の確認等へのご協力をお願いしています。当協会は、こうした銀行の取組みへのご理解・ご協力を促すため、広報活動を実施しております。
 今般、11月25日(木)読売新聞朝刊にフリークライマーの野口啓代さんと全銀協会長の対談を掲載いたしました(新聞広告)。日本のマネロン対策に対する国際的な評価や、なぜ定期的にお客さま情報を確認する必要があるのか等お話いただきました。
 また、銀行がお客さま情報をご確認させていただく理由やその内容等をご案内する特設サイトも公表しております。動画も掲載していますので、ぜひご覧ください。
 銀行界は、お客さまに安心をご提供するため、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策に一層努めて参りますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

 

 

FacebookTwitterでも情報発信しています。

「広報トピックス」記事一覧へ