Q1.運転免許証を紛失してしまいました。借入れの悪用を防ぎたいのですが、何かよい方法はありますか。

A1.直ぐに最寄りの警察署に紛失届を提出してください。その後、当センターに対して、本人確認資料の紛失に関する本人申告の手続きをとってください。ただし、悪用防止を保証することはできませんので、ご了解ください。

このページの先頭へ

Q2.本人申告とは何ですか。

A2.本人申告とは、ご本人からの申告にもとづき、当センターが「紛失・盗難」または「同姓同名別人」の申告内容を登録する制度です。

紛失・盗難:運転免許証等本人確認資料の紛失または盗難により名義を悪用される可能性がある場合
同姓同名別人:当センターに同姓同名かつ同一生年月日の別人の情報が登録されており、ご本人と間違えられる可能性がある場合

 登録申請書は、当センターのホームページに添付されているPDFファイルから取り出していただくか、ご連絡いただければ郵送します。
 詳しくは、「本人申告の手続きについて」をご覧ください。

このページの先頭へ

Q3.キャッシュカードやクレジットカードの紛失・盗難の情報は登録してもらえないのですか。

A3.センターに登録できるのは、借入れの際に利用される本人確認資料のみです。キャッシュカードやクレジットカードは、本人確認資料ではないため、本人申告の対象外となります。キャッシュカードやクレジットカードの発行金融機関に紛失・盗難の届出を行うことで、預金の引き出し等を防ぐことができます。
 なお、定期券、実印、診察券、印鑑登録カード・市民カード、民間の会員証(フィットネスクラブの会員証など)や民間の資格証も本人確認資料に当たりませんので、登録することはできません(社員証、学生証は受け付けます)。

このページの先頭へ

Q4.運転免許証と健康保険証の両方を紛失したので、本人確認資料をすぐに2種類用意できない。どうすればよいですか。

A4.ひとまず登録申請書、警察の紛失届、受理票のコピー(受理番号でも可)、切手、ご用意できる本人確認資料1点をお送りください。申告日から10営業日以内(厳守)にもう1点の本人確認資料を提出していただくことを条件に仮登録いたします。
 なお、本人確認資料がすぐに用意できないときは、ご本人の氏名・住所が記載された公共料金の領収証等でも代用可能です。

このページの先頭へ

Q5.本人申告を電話やメールで受け付けて欲しいのですが。

A5.電話では本人確認が難しいこと、メールではセキュリティ面の観点から、受け付けておりません。郵送でお願いします。

このページの先頭へ

Q6.17歳の娘が健康保険証を紛失してしまいましたが、登録できますか。

A6.18歳未満の未成年者の本人申告の場合は、親権者は法定代理人として申告することができます。代理人用の本人申告登録申請書を郵送いたしますので、お問い合わせ先までご連絡ください。

このページの先頭へ

Q7.警察署に紛失届等を提出していませんが、登録できますか。

A7.成りすまし等の被害の可能性を考えますと、直ぐに警察署への届出をお勧めします。また、当センターでは登録申請に当たって、本人確認資料の紛失・盗難にあったことを示す資料として、①再交付申請書等、紛失届の受理票、警察署への被害届等の受理票のいずれかのコピー、②警察署等から手交された受理番号がわかる資料・メモのコピー、③警察署・交番等の名称、紛失・盗難した本人確認資料、受理番号等を記入した「受理票等を提出できない理由書」のいずれかをご提出いただくことを条件としております(すぐに用意できない場合には、ご連絡ください)。
 詳しくは、「本人申告の手続きについて」をご覧ください。

このページの先頭へ