解説記事 国内

平成28年1月25日

金融庁および総務省、「郵政民営化法施行令の一部を改正する政令(案)」を公表

金融庁および総務省は、1月25日、「郵政民営化施行令の一部を改正する政令(案)」(以下「政令案」という。)を公表し、2月24日を期限としてパブリックコメントに付した。
 政令案では、改正の概要として、(1)ゆうちょ銀行について、預入限度額のうち、通常貯金、定額貯金および定期貯金等の合計額を1,000万円から1,300万円に改めること、(2)かんぽ生命保険について、保険金額の限度額に関し、郵便保険会社を保険者とする保険契約又は旧簡易生命保険契約に係る保険金額のうち、加入後4年経過した保険契約について、控除額の限度を300万円から1,000万円に改めること等が示されている。
(関係資料はwww. fsa. go. jp、www. soumu. go.jpから入手可能)