全銀EDIシステムとは

 全銀EDIシステムとは、総合振込※1において、振込に関するさまざまな情報(支払通知番号、請求書番号など)を受取企業に送信することを可能にするシステムであり、2018年12月に稼動する予定です。
 これまでは、総合振込の際に送信できる「EDI情報」(支払企業から受取企業に伝達するメッセージ)は、固定長形式※2で20桁までという制限がありました。本システムの稼動により総合振込のデータ形式が固定長形式からXML形式※3に変わります。 
 XML形式のEDI情報欄には、請求書番号等の商取引に関する情報(商流情報)を添付することが可能となり、これによって受取企業側での売掛金の消込作業が効率化され、事務負担の軽減が期待されます。

※1 【総合振込】多数の振込を一括して実行できるサービス。
※2 【固定長形式】電文の長さや情報量が予め定められた電文形式。
※3 【XML形式】電文の長さ等を柔軟に設計・変更することが可能な電文形式。EDI情報にタグ等を付すことにより、EDI情報の意味づけが可能となります。

 本システムについては、金融庁 金融審議会「決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ」報告(2015年12月公表)、「未来投資戦略2017」(2017年6月閣議決定)等でも提言がされており、官と民が連携して取り組んでいます。

FAQ(よくあるご質問)

このページの先頭へ