貸付自粛制度がはじまります!

2019年3月29日(金)(予定)から、全国銀行協会の全国銀行個人信用情報センターにおいて、「貸付自粛制度」がスタートします。

全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会のどちらかへの申告手続きで、3つの信用情報機関((株)日本信用情報機構、(株)シー・アイ・シー、全国銀行個人信用情報センター)に、「借りません!」との申出(貸付自粛情報)を登録できます。

この情報は、金融機関において借入審査の際に利用されます。

全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会のどちらでも手続きができます。

さらに読む

貸付自粛制度のしくみ

  • 浪費やギャンブルなどで生活が苦しいなどの理由により、ご本人が「借りません!」との申出(貸付自粛情報)を全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会のどちらかに対して申告していただきます。

※代理人等が申告する場合には条件がありますのでウェブサイトをご確認ください。

  • 申告された貸付自粛情報は、3つの信用情報機関に登録されます。
  • 3つ信用情報機関は、それぞれに加盟する銀行・消費者金融・クレジットカード会社などに対して、一定期間、貸付自粛情報を提供します。
  • 銀行・消費者金融・クレジットカード会社などは、貸付自粛情報を、契約者(申込者)の支払能力に関する調査のために利用します。

全国銀行個人情報センターと日本貸金業協会との情報連携 

  • 全国銀行個人信用情報センターは受付した貸付自粛情報を日本貸金業協会に提供し、日本貸金業協会は受付した貸付自粛情報を全国銀行個人信用情報センターに提供し、情報連携します。
  • 全国銀行個人信用情報センターまたは日本貸金業協会のどちらに申告しても同じように、受付した貸付自粛情報が3つの信用情報機関において登録されます。

さらに詳しく知りたい方へ