国内の振込を影で支える「全銀システム」

「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」とは、振込など、国内の為替取引を行うために銀行間で利用されているオンラインのデータ通信システムのこと。日本のほとんどの預金取扱金融機関が参加しています。

日本の屋台骨を支える決済システム

全銀システムは、その規模や安全性において他に比類がないシステムとして、世界各国の関係者の間で「ZENGIN」と呼ばれ、広く知られています。

さらに読む

全銀システムは、企業間、企業と個人、政府等との間の資金決済に用いられる振込など、国内の為替取引の多くを取り扱っており、「一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク」が運営しています。