もう一度確認しておきたい日本の年金制度

20歳以上は加入が義務付けられている年金制度。まだまだもらえない若い世代も、もうじき、またはもうすでに受給しているシニア世代もあらためて年金の内容について確認しておきましょう。

年金の3階建てってなんのこと?

わが国の年金制度は3階建てと言われ、1階が国民年金(基礎年金)、2階が厚生年金・国民年金基金など、3階が企業年金などとなっています。

さらに読む

年金の種類

わが国の年金制度は公的年金制度と私的年金制度の2種類があります。

公的年金の内訳は以下の通りです。

1.国民年金日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人。
2.厚生年金厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務するすべての人、または公務員・私立学校教職員など。

また、個人が納めた保険料を積み立ててその運用益とともに個人に返す積立方式ではなく、現役世代の納める保険料によって高齢者の年金給付を賄うという「世代と世代の支え合い」、すなわち世代間扶養の仕組みである賦課方式によって成り立っています。

給付は次の3つに分けられます。

  • 老後の生活資金=老齢年金
  • 死亡による遺族への給付=遺族年金
  • 病気や事故により生じた障がいへの対応=障害年金
わが国の年金制度
年金制度の全体像