利益に課税されない!!NISAのヒミツ

お金を株式や投資信託で運用し、じっくり資産を作っていきたい……そんな考えを持った方に最適な制度が少額投資非課税制度(NISA)です。

少額投資向けで利用目的は自由

NISAとは、2014年の1月から開始された株式や投資信託などの金融商品の少額投資非課税制度で、「毎年120万円まで」の投資額に対する利益が非課税投資枠となります。
通常、収益分配金や売却益に20.315%(平成30年1月1日現在)の税率でかかる税金分が投資した年から5年間非課税になります。例えば、2016年にNISA口座で購入した120万円までの上場株式や公募株式投資信託等の売却益や配当(分配金)が非課税になるということです。

さらに読む

日本に居住する20歳以上の人が利用可能です。なお、NISA口座は年に一人一口座のみ開設可能です。また、NISA向け金融商品は金融機関によって内容が異なります。預貯金や公社債はNISAの対象になりません。

NISAのポイント

  • 利用できるのは、日本国内に居住する20歳以上の者です。
  • 非課税対象は、NISAで購入した上場株式や投資信託の配当や売却益です。
  • 非課税期間は投資した年から最長5年間。途中での売却も自由です。
  • 非課税投資枠上限は、毎年120万円(最大で5年間600万円)です。
  • 非課税期間が終了した際にはNISA口座で保有している投資信託等を、非課税投資枠の上限範囲内で、翌年の非課税投資枠に移すこと(ロールオーバー)ができます。

NISA利用の注意点

  • 株式取引を行いたい場合は証券会社で口座を開設する必要があります。(銀行では扱えません)
  • 年間の非課税投資額を上限まで利用していない場合でも、年度の途中で株式や投資信託を売却した際には、残りの非課税枠の再利用はできません。
  • 一般の口座からNISA口座への株式や投資信託の移動はできません。

つみたてNISAとは

2018年1月からから少額かつ長期の投資により適した、つみたてNISAが開始されており、この制度はNISAと選択して利用できます。
つみたてNISAは、毎年40万円までの投資額に対する利益が最大20年間非課税となる制度で、投資対象は長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託等に限定されており、非課税期間は20年間となります。