投資する際のリスクとリターン

投資にリスクは付きものですので、正しくリスクを理解したうえで、自己責任でそれを許容できる姿勢が大切です。

リスクとリターンの理解

金融商品でいうリスクとは、リターンの変動の幅の可能性を指します。リターンとは、金融商品に投資した結果得られる収益を指します。つまり、高いリターンを得られる場合もあるが、反対に大きく元本割れする可能性があるような場合をハイリスクと呼びます。

さらに読む

銀行が扱う金融商品にもリスクがあるものが増え、今やリスクとリターンについての正しい知識を持つことが必要とされています。

基本的に金融商品における安全性と収益性は、相反する関係にあります。安全性が高い商品は収益性が低く、反対に安全性が低い商品は収益性が高いとされています。高収益が期待できる金融商品の中には、元本割れする可能性のあるものもあります。高い収益を期待して資金運用を行う場合には、リスクを負うのが金融商品の原則です。

リスクとリターンのイメージ

主なリスクの種類

金融商品に潜んでいるリスクは、以下のようなものです。これらの個別リスクが折り重なって金融商品のリスクを形作っています。

信用リスク お金の預け先や投資先(有価証券の発行体)の経営破たんなどで、元利金などの支払いが遅れたり、支払われなくなったりする可能性。
価格変動リスク 株価や債券価格などが市場で変動して、元本割れを起こす可能性。
為替リスク 外貨預金や海外の投資を組み入れた投資信託に発生するリスクで、為替レートが円高になると円での受け取り額が減少する可能性。
金利変動リスク 変動金利商品において、金利下落の影響を受ける可能性。また、固定金利商品において金利上昇時に高金利を受けられない可能性。
流動性リスク 必要なときすぐに現金化できなかったり、希望する価格で現金化できなかったりする可能性。
カントリーリスク 海外への投資で、投資先の国の政治的、経済的要因により、元利金の支払いが遅れたり、支払われなくなったりする可能性。