Q.確定拠出年金を活用して老後資金

<私、悩んでいます>

「来年50歳を迎える自営業者です。最近、老後が身近に感じると同時に、老後資金のことが心配になってきました。退職金もなく、公的年金も国民年金であることを考えると、老後資金を自分で用意しなければと思っています。そこで、確定拠出年金ですが、リスクはどの程度あるのでしょうか?  これまで運用経験がまったくなく、その点が不安です」(男性/49歳) 

ファイナンシャル・プランナーからのアドバイス

  • 運用商品の中身を理解し、積極的に選定する
  • 分散投資とコストを意識しよう
  • 定期的に運用状況を確認し、場合によっては見直しも
さらに読む

リスクの有無は選び方次第。ただし、老後に備えるにはリスクも必要

確定拠出年金(DC)とは、加入者が金融商品を選んで運用し、将来の年金を自ら確保していくことを目的とした制度です。企業が毎月の掛け金を出す「企業型」と個人が拠出する「個人型」(愛称「iDeCo(イデコ)」)の2つがあります。相談者のような自営業者は個人型DCの利用となり、掛け金の上限額は月68,000円(会社員や公務員、専業主婦等は上限額が異なります)。掛け金の拠出は60歳になるまでとなります。

確定拠出年金にリスクがあるかどうかについては、選定する商品によって異なります。運営管理機関となっている銀行や証券会社は、定期預金などで運用する元本確定型から、国内外の債券や株式、REITを組み入れたさまざまな投資信託まで幅広く揃えています(概ね30種類ほど)。加入者は、掛け金の範囲内で自由にそれらを組み合わせますが、元本確定型だけであれば当然リスクはありません。

実際、全体4割程度の加入者が、元本確定型を選んでいると言われています。ただし、その運用利回りは1%未満の低水準にとどまり、将来インフレになれば、元本は減らなくても実質、目減りする可能性もあるわけです。
また、DCは原則、60歳まで引き出すことができません。それをデメリットと見ることもできますが、その代わり、税制面で大きな優遇(自分が拠出した掛金が全額所得控除、利息・配当・分配金・売却益がすべて非課税)があります。その点からも、老後資金づくりに利用したい制度のひとつと言えます。

投資商品の内容や自分のリスク許容度を知ることが大切

では、リスクのある運用商品も含めたDC利用のポイントをあげてみましょう。

まずは、投資商品そのものを理解しておくということ。実は「投資についてよくわからないから」という理由で元本確定型を選ぶ加入者が少なくありません。投資信託の仕組みや運用先による特性、リスクの度合いなどを知ることで、より積極的に商品選定ができるはずです。

次に「分散投資」を行うことです。国内外の債券や株式を一定のバランスで購入することで、よりリスクを抑えることができます。また、日経平均やTOPIXなどの指数に連動する「インデックス型」か、さらに高いリターンを目指す「アクティブ型」など、自分のリスク許容度に合わせて選んでいきます。その際、運用レポート等で過去の実績を参考にすることも忘れずに。

コスト意識を持つことも大切です。DCでは、投資信託にかかる「信託報酬(運用手数料)」が購入から売却までの期間、発生することになります。せっかく運用が上手くいっても手数料が高ければ、実質の運用実績は減ってしまいます。コストを確認した上で商品を選ぶ習慣をつけましょう。

最後に、運用実績については年に4回程度は確認してください。結果が思わしくないようであれば、運用内容の見直し(配分変更、売却・解約による買い換え、など)を検討してもいいでしょう。

個人型DCの掛け金の上限額(月額)

自営業者とその家族など 68,000円
企業年金のない会社員 23,000円
企業年金のある会社員(※) 12,000円
公務員 12,000円
専業主婦 23,000円

(※)企業型DCの拠出上限額を一定にすることが加入条件