フィッシング詐欺

手口のポイント

  • 銀行を装う偽のショートメッセージ(SMS)やメールを送りつけ、偽のホームページ(インターネットバンキングの模倣画面)へと誘導する
  • IDやパスワードなどの情報を入力させて盗み取り、口座から預金を不正に引き出す

対策のポイント

  • 不審なSMSやメールは開封しない
  • SMSやメールに記載されたURLに安易にアクセスしない
  • URLへアクセスする前に、正しいホームページのURLであるかを確認する
さらに読む

手口の例

  • 銀行を装った偽のSMSやメールを送るなどして、インターネットバンキングのログイン画面を精巧に模倣した偽のホームページに誘導し、インターネットバンキングにおけるIDやパスワード、乱数表、合言葉などの認証情報を入力させて盗み取り、口座から預金が不正に送金されるものです。

<銀行を装った偽のSMS例>

銀行を装った偽のSMS例

  • また、携帯電話会社などの他社を装い、偽のホームページにアクセスさせ、入力を進めていくと、銀行の偽のホームページにリンクし、インターネットバンキングにおけるIDやパスワードなどの情報の入力を求められる場合もあります。

犯罪の防止策

不審なSMSやメールは開封しない

SMSやメールに記載されたURLに安易にアクセスしない

  • 予め銀行からの注意喚起内容を確認し、IDやパスワードの入力は慎重に行う。

<銀行を装った偽のSMSのメッセージ例>

  • お客様の○○銀行口座がセキュリティ強化のため、一時利用停止しております。再開手続きをお願いします。http://marumarubank.○○○○
  • お客様の【○○銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定 http://marumarubank.○○○○
  • ○○銀行を装う偽メールに注意して、安全のために、設備ロックを行ってください。http://marumarubank.○○○○
  • お客様の○○銀行口座に対し、第三者からの不正なアクセスを検知しました。ご確認ください。http://marumarubank.○○○○

URLへアクセスする前に、正しいホームページのURLであるかを確認する

  • 表示されたホームページのURLを必ず確認して、不審なURLにはアクセスしない。
    ※SMSやメールに書かれたURLが正しく見えても、実際にリンクをクリックしてアクセスするURLが違う場合もあります。ご注意ください。
  • 正しいホームページのURLを予めブックマークに登録しておき、ブックマークからアクセスする。

 

 

犯罪に遭ってしまった場合の連絡先

あやしいと感じたら…

被害に遭ってしまったら…

関連情報

・警察庁
 https://www.npa.go.jp/cyber/policy/caution1910.html

・一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)
 https://www.jc3.or.jp/topics/banking/phishing.html