「資産形成」と聞くと、投資経験者が大きな資金で株式や不動産を購入し、さらに資金を増やす、というイメージがありませんか。しかし、本来の資産形成は違います。将来の不安を解消するために、早い段階から無理のない資金準備を始めるということ。収入がまだ高くない、貯蓄がさほどないといった世代だからこそ始めたい、未来のための備えなのです。

STEP1

資産形成は「将来への備え」

将来のためにできること、それが資産形成

将来に対する不安はいろいろ。準備した老後資金は足りるだろうか。社会保障は大丈夫だろうか。それに備えるのが「資産形成」。運用を部分的に取り入れ、効果的に資産を増やしていくことは、ライフプランを実現するための有効な手段なのです。

STEP2

リスクを抑える
運用の手法

分散投資と積み立てによる長期運用

せっかくの貯蓄も、もしもインフレが続けば目減りする可能性があります。そのリスクに備えるのが「資産形成」。運用を部分的に取り入れ、効果的に資産を増やしていくことは、資産を守る有効な手段なのです。

STEP3

賢く活用!NISA制度とiDeCo

コスト意識を持ち、非課税制度を活用しよう

投資商品には信託報酬など、固有のコストが発生する場合があります。コスト意識の有無は、長期の資産形成では大きな差となります。また、「NISA」と「iDeDo」による節税効果も、資産をより効率的に増やすための見逃せないポイントです。

未来のあなたのために ~人生とお金と資産形成~
(制作)金融庁 NISA推進・連絡協議会

資産形成の重要性(動機篇)

長期・積立・分散投資(知識篇)

非課税制度(つみたてNISAとiDeCo・企業型DC)(制度篇)